乾燥肌の化粧下地選び-乾燥肌に合ったお化粧の仕方は?



化粧下地人気ランキング



1.乾燥肌の特徴

乾燥肌

乾燥肌と聞くと、漠然と肌の潤いが不足しているというイメージを持っている人もいるのではないでしょうか。
確かに乾燥肌は、水分や肌を守るために必要な皮脂などが不足している状態ですが、肌のバリア機能が低下しているという特徴もあります。
バリア機能が低下することによって、様々なものが刺激となりかゆみを伴うこともありますし、粉をふいたり、肌がつっぱったりカサカサするといった症状が起こります。
また、メイクをすればメイク崩れを起こしやすい、メイクのりが悪い肌になってしまいます。
この厄介な症状を改善させるために、まずは原因を見ていきましょう。

1-1.乾燥肌になる原因

肌の水分量は角質層によって保たれています。
角質層が健康な状態であれば、肌のバリア機能を発揮し、適切な水分量を保つことができますし、様々な刺激からも肌を守ってくれます。
しかし、何らかの原因によって肌のターンオーバーが乱れると、正常な角質層を保つことができず、乾燥肌となってしまいます。
角質層はとてもデリケートなのです。
日頃から空調の効いた空気が乾燥した部屋で長時間過ごしていれば、肌が乾燥しやすくなりますし、冷房が効きすぎれば体が冷えて、血流が悪化することにより肌のターンオーバーが乱れることもあります。
毎日のスキンケアや生活習慣によってもこの症状は起こることから、自分の原因を見つけることが必要になります。

1-2.自力で乾燥肌を改善するには

自力で乾燥肌を改善させるにはまず原因を見つけましょう。
乾燥肌は生活習慣の乱れによっても起こることから、この点が思い当たるという人は、生活習慣の改善をしましょう。
睡眠不足が続いているという人は、しっかりと睡眠をとるようにする必要がありますし、仕事などが忙しく簡単な食事で済ませている人は、サプリなどを上手く活用して栄養バランスを整える必要があります。
また、毎日のスキンケアも重要です。
洗顔時にゴシゴシと洗うような洗顔をしていると、どうしても肌への負担が大きく、肌サイクルを乱す原因ともなります。
毎日のスキンケアでは肌への負担が少ないケアが大切です。

1-3.乾燥肌用化粧水ヒフミドが効く!

乾燥肌には保湿効果の高い化粧水を使うことも対策の一つです。
保湿成分には様々な種類がありますが、注目したいのがセラミドです。
セラミドはもともと体にある成分なので、バリア機能が低下し敏感になっている乾燥肌にも最適な成分です。
そんなセラミドですが、いくつかの種類があるのをご存知でしょうか。
その種類の中でももっとも効果があると言われているのがヒト型セラミドです。
ヒト型セラミドは、体にあるセラミドと同じ構造のため、効果が大きく違ってきます。
このヒト型セラミドが配合されているのが【ヒフミド】です。
ヒフミドシリーズは小林製薬から販売され、乾燥肌で悩んでいる人に人気のある商品です。

2.乾燥肌に合った化粧下地を選ぼう

乾燥肌の人は、メイクの時にファンデーションを塗っても粉っぽくなったりして、上手くメイクができないという人も多いのではないでしょうか。
乾燥肌のメイクでは化粧下地が重要なポイントとなります。
乾燥肌に合った化粧下地を選ぶことで毎日のメイクも楽にすることができますよ。
化粧下地を選ぶ際、でポイントになるのが配合されている成分です。
保湿力が高い、肌に刺激を与える成分が少ないなど、化粧下地に含まれている成分に注目して化粧下地を選ぶようにしましょう。
化粧下地は種類も多いのですが、乾燥肌に向いている商品を選ぶことで、メイクがしやすくなるだけでなく、乾燥肌の改善にも一役買ってくれますよ。

2-1.ポイントは保湿力

化粧下地選びで最も注目したいのが保湿力です。
乾燥肌は水分が不足している状態ですが、この肌に水を与えても保湿機能が低下しているため十分に潤ってくれません。
大切なのは保湿成分です。
保湿成分を補うことで水分を蓄えるようになり肌質も変わってきます。
具体的に、保湿成分にはセラミドをはじめ、ヒアルロン酸やコラーゲン、レチシンなどがあります。
化粧下地を選ぶ時には、これらの成分が配合されているかを確認しましょう。
保湿力の高い化粧下地を選ぶことで、乾燥肌も徐々に肌質が改善し、メイクのりも良くなるので、毎日のメイクが楽しくなりますよ。

2-2.肌に優しい成分が含まれているとベター

乾燥肌の人の化粧下地選びでは、まずは保湿成分が配合されていることが重要だと説明しました。
この保湿成分はとても重要な条件となるのですが、このほかにも注意してほしいのが、肌に刺激を与える成分です。
乾燥肌は肌機能が低下しているため、刺激に弱く、できるだけ肌に優しい成分が含まれている化粧下地を選ぶのがベターです。
では、どんなものが肌に刺激を与えるのでしょうか?
代表的なものとしては合成界面活性剤、合成ポリマー、パラベン、香料、紫外線吸収剤などです。
乾燥肌を改善させるためには、肌サイクルを整える必要があり、肌への刺激が多いとどうしてもその肌サイクルを乱す原因となります。
肌に優しい化粧下地で肌機能を取り戻しましょう。

2-3.UVカット成分が強いものは避ける

紫外線はお肌の大敵ともよく言われますよね。
紫外線は乾燥を招く原因ともなることから、十分に注意する必要があります。だからといって強いUVカット成分が配合された化粧品を使っていると逆効果になることもあります。
効果の高い日焼け止めクリームほど肌への刺激は強くなると考えておきましょう。
UVカット成分は紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の2種類に別けることができます。
紫外線吸収剤は紫外線には有効な成分ですが肌への負担は大きな成分です。
紫外線散乱剤は多少の使用感の悪さがありますが、肌への負担は少なく乾燥肌の人には最適です。
肌への負担が少ないUVカット成分でしっかりと肌を守りましょう。

2-4.カバー力も大切

乾燥肌の人には、カバー力も高く保湿性も高いリキッドタイプがオススメです。
化粧下地といっても、リキッドタイプからクリーム、ジェルやムースなどもありますが、最もバランスが取れているのはリキッドタイプではないでしょうか。
クリームタイプもカバー力が高く、保湿性も高いのですが、使う量を間違えればどうしても厚塗りになってしまいます。
リキッドタイプはクリームよりも伸びがよく、保湿成分や美容成分が配合された商品も多く販売され、乾燥肌の人には最適です。
リキッドタイプでもメーカーによって違いがあるので、自分の肌に合った商品を選ぶようにしましょう。

3.プチプラセットがおすすめ!

乾燥肌は気になるけど、化粧品にそれほどお金をかけられないという人もいるのではないでしょうか。
そんな人はプチプラに注目してみましょう。
お手頃価格の化粧品でも保湿効果が高い商品も多く、十分に乾燥肌対策をすることができます。
また乾燥肌対策では化粧水だけではなく、洗顔料や美容液、乳液などもしっかりと選ぶ必要があります。
メーカーによって配合されている成分は違うため、別々のメーカーの商品を選んでいたのでは、肌に負担をかける成分が含まれているかもしれません。
そこでおすすめしたいのがプチプラセットです。
プチプラセットなら成分も同じで経済的にもお得なケアができます。

3-1.プチプラを使っている人の口コミ

乾燥肌で悩んでいた人が、プチプラの化粧品を使って化粧ノリも良くなったといった声を見ることができます。
500mlの大容量にもかかわらず700円程度で購入できるハトムギ化粧水を使った人の体験談では、様々な化粧水を試したが、このハトムギ化粧水を使ってからはファンデののりも良くなり、ほうれい線も目立たなくなったという声を見ることができました。
その他では180mlで560円のちふれ化粧品の化粧水「とてもしっとりタイプ」での口コミでは、2カ月使い続けて肌がしっとりして乾燥肌には最適といったような声を見ることもでき、多くの人がプチプラで確かな効果を実感しているようです。

メニュー