混合肌の化粧下地選び - おすすめの化粧下地は?



化粧下地人気ランキング



1.混合肌の状態と原因を解説!

化粧下地 おすすめ 敏感肌

混合肌で悩んでいるという人も多いと思います。
混合肌は部分的に乾燥しているのかと思えば、別の場所はべたついているのが特徴で、メイクをするのが難しく大変です。
そんな混合肌でも、メイク術によって、今まで気になっていたTゾーンのテカリも目立たなくすることができます。
そのためには、まず混合肌についてよく知っておきましょう。
どんなタイプがあるのか、どのような原因があるのかを知ることにより混合肌の改善にもつながります。
このページでは、混合肌の原因、混合肌の人に最適なメイク方法やメイク用品の選び方についても紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

1-1.部位によって肌のタイプが異なる

混合肌とはいったいどのような状態なのでしょうか。
乾燥肌や脂性肌というのならすぐにわかりますが、混合肌はイメージしにくいという人も多いと思います。
混合肌は、顔の部位によって肌のタイプが異なっている状態のことを言います。
おでこや鼻筋は脂っぽいのに、頬やあごは乾燥しているといった人は混合肌になっている状態です。
その他にも様々なタイプがあるのも、混合肌の特徴です。
混合肌のケアやメイクには、自分がどのようなタイプなのかを知ることも大切です。
タイプを知ることにより、効果的なケアや対策、メイク方法も変わってきます。
まずは自分のタイプを確認してみましょう。

1-2.「脂性・乾燥・普通」混合肌の組み合わせで変わるタイプ

肌は大きく分類すると、脂性肌、乾燥肌、普通肌にわけることができます。
混合肌は、複数の肌質が一緒に存在している状態のことを言います。
さらに、この3種類の肌質の組み合わせによって、細かいのタイプに別れることになります。
乾燥は全くない状態で、普通肌と脂性肌が混在している人もいますし、普通肌と乾燥肌の組み合わせという人もいます。
また、肌質が極端な場合は脂性肌と乾燥肌の組み合わせという人もいます。
このように、混合肌といっても人によってその状態は様々で、し自分がどのような組み合わせの肌なのかを知っておくことが重要です。

1-3.エアコンや紫外線が混合肌の原因に

混合肌の原因は日常生活の中にもあります。
外に出れば紫外線、部屋の中ではエアコンからの影響によって、混合肌となることもあるのです。
紫外線なら顔全体に浴びることになるため、なぜ混合肌の原因になるのかと思う人もいるかもしれませんね。
しかし、外にいた時に鼻やおでこだけ日焼けしていたということがありませんか?
顔の凹凸によって紫外線を浴びやすい場所とそうでない場所が存在し、その差から混合肌になってしまうことがあります。
これはエアコンにも同じことがいえます。
部屋全体が乾燥していても受ける影響は部位によって違いが出たり、エアコンの風のあたり場所によっても差が出ます。

1-4.ホルモンバランスの乱れや生活習慣にも注意

混合肌にはホルモンバランスも関係しています。
ホルモンバランスが乱れると皮脂が過剰分泌され、脂性肌になることがあります。
特に、女性は月経の周期によってもホルモンバランスが違ってくるため注意が必要です。
また、日頃の生活習慣も混合肌の原因となります。
具体的に、睡眠不足や食生活の乱れ、ストレスなどが肌トラブルの原因となります。
さらに、生活習慣が乱れるとホルモンバランスが乱れることにもなります。
混合肌が気になるという人は、まず今の生活習慣を見直してみましょう。
肌の状態が整えば、毎日のメイクも楽になりますよ。

2.混合肌に最適な化粧下地を選ぶポイント

「混合肌なのでメイクに気を使って大変」という人も多いと思います。
乾燥が気になる部分は毛穴が目立つという人もいるでしょうし、脂性肌の部分はテカリが気になったり、化粧崩れをしてしまうという人もいると思います。
こんな混合肌では、どうやってメイクをしたらいいのかと悩んでしまいますよね。
そういった肌の状態を整えてくれるのが化粧下地です。
化粧下地を使うことで肌の状態を一定に保つことができ、メイクが断然しやすくなります。
ただし、一口に化粧下地と言っても、多くの種類があります。
ここからは、化粧下地選びのポイントについて解説していきたいと思います。

2-1.低刺激のものを選ぶ

混合肌の原因に紫外線やエアコンなどがあったように、様々な刺激が肌トラブルを起こす原因となってしまいます。
これは化粧品からの刺激も同じです。
化粧品には肌に強い刺激となる成分が配合されている場合もあります。
仮にそういった化粧品を使うと、混合肌の原因となったり、混合肌をさらに悪化させることにもなります。
そのため、混合肌の人は低刺激の化粧下地を選ぶようにしましょう。
例えば、化粧下地の中にはUV対策ができるものがありますが、効果が強いものはそれだけ肌にも大きな負担をかけることになります。
添加物によっては肌に刺激となることがあるため、UV対策効果も適度にあり、無添加、敏感肌用の商品がおすすめです。

2-2.保湿力は必須

化粧下地選びでは保湿力は欠かせない要素です。
脂性肌と普通肌の組み合わせという人は、あまりこ保湿を重要視していないかもしれません。
しかし、保湿を怠っていると、今まで普通肌だった場所が徐々に乾燥肌になっていく可能性があります。
大切なのは、肌の状態を正常に保つことです。
そのため、どんな肌質でもしっかりと保湿をすることは非常に重要であると言えます。
脂性肌でもしっかりと保湿をしていくことで、徐々に皮脂の分泌が減ってくることもあります。 そのためには、化粧下地に配合されている保湿力をしっかりとチェックして選びましょう。

3.混合肌の人におすすめの化粧下地!

化粧下地を選ぶ時には、低刺激で保湿力の高いものを選ぶのがポイントです。
このポイントを満たしている化粧下地なら肌の状態も整いやすく、使い続けることで混合肌の改善も期待できます。
しかし、メイクで混合肌を改善するというよりは、メイクの仕方で肌を綺麗に見せたいという人も多いと思います。
部分的にシミが増えてしまったため、メイクでしっかりと隠したいという人もいると思いますし、脂性肌の部分が気になるという人もいるでしょう。
化粧下地には様々な種類があるため、自分の悩みに適した化粧下地を選ぶことが大切です。
低刺激で保湿力が高く、さらに自分に合った化粧下地を選んで、お肌の悩みを解決しましょう。

3-1.シミ改善と美白成分を配合した化粧品

混合肌で悩んでいる人の中にはシミが気になるという人もいるのではないでしょうか。
そんなシミには美白成分が有効です。
化粧下地に美白成分が配合されていれば、メイクがしやすくなるだけでなく、シミ対策もすることができます。
美白成分としてはビタミンC誘導体やハイドロキノンがよく知られていますが、こういった成分は刺激が強いため、アルブチンやエラグ酸などの刺激が少ない成分が配合された化粧下地を選ぶことをおすすめします。
シミが気になるという人は、美白成分でシミ対策も一緒にしてしまいましょう。

3-2.オイリーが強い場合のマットな下地

いつも部分的にテカリが気になるという人は、マットな肌に憧れているという人も多いと思います。
マットな肌は上品に見え、大人っぽさも醸し出すことができるため、いつも肌がテカテカという人は憧れてしまいますよね。
テカリのない肌を作るには、化粧下地が重要な役割を果たします。
どんな化粧下地を選べばいいかと言うと、油分が少ないものがいいでしょう。
オイルフリーといった商品もあるので、そのような商品を選ぶことをおすすめします。
また、化粧下地の中には皮脂吸着成分が配合されたものもあります。
これなら、夕方になると化粧崩れやテカリが目立つという人でも安心ですね。

3-3.美肌効果もある化粧下地

メイクの時に、今まで化粧下地を使わなかったという人もいるのではないでしょうか。
忙しい朝はしっかりメイクをしていられないという人もいると思います。
しかし、化粧下地を使うことは美肌効果があります。
具体的には、化粧のノリを良くしたり、崩れの予防、くすみや毛穴の開きなど気になる部分を隠してくれたりと様々な効果が期待できます。
また、化粧下地のカラーにも注目しましょう。
いつも肌が青白く見えるという人はピンク系、日焼けが気になる人はグリーン系、赤みが気になる人ならグリーンやイエロー系のカラーがおすすめです。
化粧下地を上手く使えば美肌に見せることができます。

4.混合肌のメイクポイント

混合肌の人は、どのようなメイクをしたらいのかと迷ってしまいますよね。
上手くメイクをするためには、まず自分の肌の状態を把握することが必要です。
どの部分が脂性肌なのか、頬は乾燥肌なのか、普通肌なのかなど、自分の肌の状態ををしっかりと把握することが大切です。
また、いつもどのタイミングでテカリが気になるのか、乾燥が気になり始めるかを知ることにより、そのタイミングでメイク直しができますよね。
また、このタイミングは夏や冬、寒い日、暑い日などによって違ってきます。
混合肌の人は、しっかりと自分の肌の状態を把握することにより、効果的なメイクをすることができます。

4-1.クレンジング後の保湿

混合肌の人は、化粧下地選びやメイク術も重要なのですが、毎日のスキンケアもしっかりとしていきましょう。
肌の状態を整えることが、メイクの良し悪しを決めるといってもいいほど重要です。
「忙しくてメイクをクレンジングで落としてそのまま」という人もいるかもしれませんが、クレンジング後の保湿をしっかとしていきましょう。
毛穴にメイク汚れを残さないためにもしっかりとクレンジングをすることは大切なのですが、メイクによって負担をかけた肌をいたわってあげることが大切なのです。
クレンジング後の肌は乾燥しやすいため、化粧水や美容液、乳液などを使ってしっかりと保湿をしてあげましょう。
保湿をして、肌の状態を整えることは混合肌改善にもつながりますし、肌の状態が整えばメイクのしやすさも違ってきます。

4-2.Tゾーンは濃い目のリキッドファンデーション

Tゾーンが脂性肌で、テカリが目立ったり、いつもファンデーションが崩れるという人も多いのではないでしょうか。
お昼にはドロドロという人もいるかもしれませんね。
そんな人は、リキッドファンデーションを使ってみましょう。
リキッドファンデーションを使うとさらに崩れそうと思ってしまいますが、実はリキッドファンデーションの方が密着度が高く、化粧崩れの予防にもなるため、化粧崩れが気になるという人には最適です。
いつもTゾーンだけが目立つ、化粧崩れを起こすという人は、濃いめにリッキドファンデーションを使ってみてはいかがでしょうか。

4-3.Tゾーンへのパウダーファンデーション重ね塗り

Tゾーンに濃いめのリキッドファンデーションを塗った後は、パウダーファンデーションで仕上げをします。
化粧崩れをしやすいTゾーンは重ね塗りをすることで、さらに化粧崩れをしにくい状態にすることができます。
どのファンデーションでもUVカットはできるのですが、クリームやリキッドと比べても、パウダーファンデーションの方がUVカット効果を期待できます。
そのため、紫外線が気になるという人にとっても、最適なメイク法と言えます。
Tゾーンが気になるという人は、リキッドファンデーションとパウダーファンデーションの組み合わせで上手くカバーしていきましょう。

メニュー